合併&買収フォーラム

専門家による概説

2017年12月6日

京王プラザホテル 東京 日本

概要

2017年開催の新規イベントである本フォーラムは、合併及び買収がデジタルプリント産業を如何に形成してきたかを理解されたい方々が対象です。合併及び買収の可能性を検討されている(acquirer or acquiree)、あるいは今後数年間のデジタルプリント産業の変化のみを理解されたい等、いずれの場合でも、本セッションに参加する価値があります。

本フォーラムは、M&A活動の対象となる市場の牽引役に焦点を合わせ、どのようにM&Aによりデジタルプリント産業が形成されたか、デジタルプリント分野におけるM&Aは、今後5年間にどのように変化するのかを議題とします。

プライベートネットワークレセプションにおいては、参加者は、お酒を飲みながら意見交換が可能です。


フォーラムプログラム

12月6日(水)

08:00-09:00 登録
09:00 フォーラム開始
marcoboer.jpg

インクジェット産業でのM&Aを推進する基本的市場圧力
Marco Boer, IT Strategies

  • デジタルプリント分野の全体動向
  • M&Aを推進する具体例
  • 特に日本のサプライヤーに影響を及ぼす市場ダイナミクスに焦点

 

 
KenStack.jpg

産業用デジタルプリント分野でのM&A
Kenneth Stack, Proximus

  • M&Aターゲット分類の定義
  • デジタルプリント分野でのM&Aの詳細概説-データセット
  • 分野別デジタルプリントディール(取引)評価解析
  • M&Aを推進する巨大圧力
  • 近未来ディールの展望

 

 

M&Aのプロセスとアドバイス
Kenneth Stack, Proximus

  • 技術保有会社に対するM&A 契約プロセス
  • 日本の買い手限定の取引に関するアドバイス – 国外会社買収による統合

 

 

質疑応答セッション

発表者に対する質問及びオープンディスカッション

12:00-13:00 ネットワークレセプション

Dr Kenneth Stack

Dr Kenneth Stackはデジタルプリント産業に特化したバックグランドを有するM&Aの専門家です。KenはProximus LLC 、Boutique投資銀行及びデジタルプリント産業界内の会社の戦略的価値を見いだす事に特化したベンチャキャピタル会社を運営しています。Proximusは2011年の創立以来、デジタルプリント市場内でのM&Aに於いて買い手、売り手等を含め$600M以上の契約を達成しました。Kenは、デジタルプリント分野に於いて20年以上の経験を有し、デジタルラベル印刷分野でのリーダーであるJetrionを2003年に設立し、2006年にElectronics for Imaging社に売却しました。Kenは、Electronics for Imaging社(2006~2010年)、Eastman Kodak社(1998~2002年)上級管理職として在籍しました。KenはRochester大学で機械及び航空宇宙工学分野でのPh.D及びマーケッティング及びアントレプレナーシップのMBAを取得しています。